野生のセキセイインコに出会う旅22

6日目  ~乗馬~


6日目の朝が明けました。
f0196665_23441454.jpg

次の日が帰国だと思うと寂しさがよぎる朝でしたが
天気も快晴。今日も楽しい事が起こりそうな予感♪

辺りからは鳥の声が聞こえ始めていたのでのっぽも
ちょっと鳥声で挨拶してみたら・・・
f0196665_2356781.jpg

インドハッカ殿が近づいて来てくれました(^^)
相方さんも一緒に連れて来たのですがシャイな方らしく
カメラには納まってくれませんでした。

それからも何度か「ピチュピチュ♪」と挨拶したらちゃんと返事もしてくれて。
しばらくインドハッカ殿との会話を楽しみました。
(ちなみにのっぽの鳥語、とんとんさんは9割方本物と間違えてくれます(* ̄ー ̄*))


すっかりリラックス
f0196665_031288.jpg


のび~
f0196665_041212.jpg

可愛いヤツだ(*´ー`)
でもこのインドハッカ達、元々オーストラリアにはいなかった種なのに
害虫駆除のために人間が持ち込んだのですが、
爆発的に増えてしまい、果物なども食べるため今度は害鳥として
駆除されている場所もあるそうです。

何度同じ過ちを繰り返すのかなぁ(-_-)

この前偶然にのっぽの家の近くのショッピングモールの芝生でも
見かけました。
日本では今の所話題になってはいませんがやはりそのうち害鳥になるのかな。



気を取り直して、
その後もちろんホテルのお楽しみ朝食バイキングにGO!


ちょっとだけバイキングの様子を紹介させて頂きます(^^)

場所は1階ロビーのレストラン。
f0196665_8432954.jpg

夜はバーレストランになる所なので落ち着いた雰囲気。
日本だと広い宴会場でガヤガヤとってイメージだけど
おしゃべりよりも食べた後コーヒーを飲みながらゆっくり新聞を
読んでくつろぐ・・・・って感じ。

それ以外は大きな違いはなかったかな。


f0196665_935539.jpg

f0196665_942395.jpg

これは珍しい!容器の中は3種類のシリアル(゚▽゚)
f0196665_9165673.jpg



そしてこの朝はのっぽ、ご飯&みそ汁にチャレンジ!
f0196665_9191492.jpg

オーストラリア、期待は決して裏切りません。
食べた瞬間爆笑でした。

ご飯はどうしたらこうなるの?って位パッサパサ。
みそ汁に至ってはダシが入ってないまさに純粋な「味噌汁」でした( ゜^∀^゜)


ついでにホテルのロビー。セレブ気分でした~♪
f0196665_944481.jpg

f0196665_946054.jpg

f0196665_945313.jpg





さてさて、前置きが長くなりましたが、
この日は午前中にビッグイベントが待っていました。

それはのっぽが超楽しみにしていた乗馬です!!!

実はのっぽ、かつて3年間程乗馬を習っていたのですが
引っ越しで場所が遠くなってしまったため出来なくなってしまいました。
今でも時々馬に乗りたくて禁断症状が出ます(笑)

大きな動物が恐いとんとんさん。乗馬の案を出した時には戸惑った事と思います。
かつて1回だけ馬に乗った事はあるそうですが半べそをかいていたそうです・・・
それなのに「大丈夫。もし恐くてダメそうだったら早く降りて一人で写真でも撮ってるから。
私はその辺の楽しみ方も知ってるから全然平気だよ」と
のっぽのために快くOKしてくれました。ありがとう、とんとんさん(ノД`)


ホテルから送迎バスに1時間程乗り、リトルマウグレープにあるファームに到着。
車を降りた瞬間にボーダーコリー君の熱烈歓迎を受けてテンション↑↑↑

残念なのが乗馬中はカメラを持って行けない事と中国人の学生と思われる団体と
一緒で少々人員オーバー気味だったらしく
乗馬以外のすべてのスケジュールがカツカツで写真がほとんど
撮れませんでした(--;)

なので自分のカメラで撮れた数枚の写真とHPから勝手にお借りした
写真で・・・・


日本語ガイドの女の子にひと通り乗馬の説明を受けた後早速騎乗開始です!

のっぽの相棒は「シャルドネ号」
薄茶の毛色の可愛いお馬さんでした(*^^*)
f0196665_1064659.jpg

のっぽ久々の騎乗で興奮しすぎ。
思いっきりガニマタになってますから(--)

とんとんさんと「カリプソ号」
とんとんさんちょっと顔がこわばっているような・・・^^;
f0196665_10131541.jpg


ここでひと通り歩く、止まる、曲がる位の練習をして行くのかと思ってたら
ぶっつけ本番で柵の外にGO。とんとんさんかなり焦っていたみたい@@;そりゃソウダ。

先頭に外人のガイドさん→初心者のとんとんさん→のっぽ→日本人ガイドさん→
中国人のガイドさん→中国人の学生さん達
の順番でパカパカと草原を闊歩。

「こんなに快晴なの珍しいですよ!」ガイドさんが興奮して言っていましたが
本当に真っ青な空と深緑が鮮やかで最高の景色でした。
f0196665_10252619.jpg


感動なのが馬たちの歩きに合せて犬達もずっと一緒に着いて来てくれるんです。
ちゃんと邪魔にならないように列の横のほうに着いて走ったり歩いたり。
車から降りた時にお迎えしてくれたボーダーコリーとやはりここにもいた
長老のレトリバーちゃん。(12歳だそうです^^)
一緒に仕事をしているつもりなんでしょうね、すごく生き生きしていました。


しばらく歩いて鬱蒼とした茂みの中に入って行くと登場したのが対岸までの幅が
10m位の川。
このツアーのメインディッシュ、「川超え」です。

「今日は水かさが増しているのでもしかしたら途中で引き返すかもしれません」
とガイドさんが言いました。
騎乗前に自己申書で「泳げますか?」「どの位泳げますか?」などの
質問がありましたが「ま、安全第一だからね。」位にしか思っていなかったのですが
この後の体験であれは必要な質問だったって分かりました。

外人のガイドさんととんとんさんのカリプソ号は割とスムーズに川の中へ。
しかしのっぽのシャルドネちゃん。川の直前でストップしたまま
なかなか進んでくれません。
2,3回軽くお腹を蹴ったらやっと踏み出してくれましたが
明らかに戸惑っていました。

そして川の真ん中辺りまで進んで行くと同時にどんどん沈んでいく
シャルドネちゃんの体。

「えー!うそでしょー!@@;」

だってガイドの写真は・・・
f0196665_1185670.jpg

こんな程度だったから余裕でいたのに。
気づいたら馬体は半分以上沈み、人間の足は膝まで水につかっていました(;・∀・)

シャルドネちゃんいつもより深そうな川の様子を察していたんですね。
なんだか流れも早く感じるしバランスを崩したら体ごとドボンだ・・・
予想外のワイルドな乗馬に色々な意味で興奮しました!
(大丈夫だったけど出来れば着替え用の下着持参って書いといた方が
いいのでは・・・?)

ガイドさんは前日もっと深い場所まで行き、胸までつかったとか。
「馬って上手に泳ぐんですよ」と言っていた。
泳ぐ馬の背中・・・ちょっと好奇心もあるけど着替えも持って来てない身では
無理だよね(^^;)

でも熱帯雨林に囲まれた川ももちろん絶景。先程までものすごい日差しだったのですが
木々が日光をさえぎってくれていて涼しい位でした。
足は冷たいし(笑) イメージ写真↓
f0196665_1137551.jpg

この位ならなんでもなかったのに。
ボーダーコリーちゃんも気持ちよさそうに泳いでいましたよ~(^^)



川を渡った後いったん厩舎に戻り、少し休憩をとってから
今度は同じ道を反対方向に歩きました。(乾いて来ていたジーンズ再びビッショリ)

途中ちょっと広い場所に寄り道して速足(小走り)をさせてくれました。
(とんとんさんは抜けていましたが・・・^^;)
出来ればパカラッパカラッっと駆け足もしたかったけど
Junさんにそこではやらせてくれないって聞いてたし贅沢は言えません(⌒_⌒;


下馬後、お礼のおやつあげタイム。
「アリガトね~シャルドネちゃん。」
f0196665_11514571.jpg


この頃には素敵な笑顔に戻っていたとんとんさん(笑)
無理言っちゃったけど楽しんでくれたかな・・・
f0196665_1152425.jpg


みんなちゃんと調教されていておりこうな馬達ばかりでした。
のっぽが通っていた乗馬クラブは歩いてもらうのも苦労するような
馬も多かったので・・・・(^^;)

素晴らしい景色と日本では経験出来ないワイルドな体験。
またひとつ素敵な思い出が出来たのっぽでした058.gif


ポチっとしてくれたらうれしいです♪
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
[PR]

by tantan_noppo | 2013-07-07 12:04 | セキセイインコ | Comments(18)
Commented by ゆう at 2013-07-07 16:40 x
駆除って人間が連れてきたのに勝手ですよね(T_T)日本でカラスさんを殺さない方法で、鷹匠の方が猛禽を放ってカラスをこなくするという仕事をしている方がいると聞いたことがありますが、そんな感じの方法を考えないのかなって思ってしまいます

のっぽさんのお家の近くにインドハッカ殿がいるんですね!?
かごぬけした子なのかしら…。


乗馬はてっきり広場を歩くのかなと思ってたので、川の中に入っていたので驚きました!
のっぽさんの乗馬姿カッコイイです~♪
私は北海道で一度だけ馬に乗った事あるのですが、怖がりすぎて馬が嫌になったのでしょう、落馬しましたf^_^;

綺麗なホテルや食べにいく場所をちゃんと調べられててすごいです(^^)
Commented by ゆみ at 2013-07-07 17:00 x
待望の乗馬ができてよかったですね。
とんとんさんも頑張ったんですね♪
川を馬に乗って渡る・・・お話は先日、お聞きしてましたが、ほんと、びっくりでしたでしょうね!
お馬さんがずっこけたらどうなっちゃうの??って感じで@@;
ほんとにワイルド体験!!
とんとんさん、よくぞ、ご無事で>▽<
それにしても大自然の中のお二人、とっても爽やかですね。

一気に夏到来ですねーー;
練馬、暑いよ。。
Commented by tomo at 2013-07-07 18:24 x
「ミソスープやから、ミソ溶いといたらええやろ(-L-)」(外人的日本語風でよろしく)
でも日本人限定食があるってすごいですね

インドハッカさん、ムクドリに似てるね。いでたちも、やや害鳥扱いされてるのも・・・
純粋に鳥とのふれあいを楽しめたらいいのに、背後にある色んなことを知るとほんとやるせないものがありますね。

で、ついに乗馬~~~~♬
のっぽさん=乗馬、そして武さんですから^^
以前とんとんさんのところでも読ませていただきましたが、ほんと大変だったのですね。
シャルドネちゃん、おりこう~。実はもっと大変な目にあったこともあるのかもですね。でも人もお馬も無事でよかった^^
かのオーストラリアの大地で、サプライズ乗馬!さいこーーー!
やっぱサプライズじゃないとね(ひとごとやと思って(笑))
Commented by ねね at 2013-07-07 18:43 x
のっぽさん、乗馬もされていたんですねー!
でもとっても絵になって似合うわぁ(#^.^#)
とんとん姉さまは・・苦手なのに頑張ったんですね!
川の中を渡る・・なんて初めてだとビビっちゃいますね(@_@;)
こちらではなかなか体験できないような
楽しい体験だったんですね♪
お天気も良くて、楽しい貴重な経験の一日だったんでしょうね(*^。^*)
Commented by yoko at 2013-07-07 20:21 x
こんばんわ~♪

乗馬やっていらしたの~、カッコイイ!!

とんとんちゃんも始めてなのに、すばらしい~^^

昔鳥取砂丘で背中に乗ったことだけはあります・・・
その頃は、今のように重さで気を使う事はなかった(笑)
Commented by Bonくんパパ at 2013-07-07 21:23 x
とんとんさん、がんばったんですね!
乗馬の経験がほとんどなしにもかかわらず・・・。
しかも、練習もしないで(とんとんさんブログより)出発したとか?
それで、インディジョーンズのような探検に・・・。
泳げないとんとんさんが、川の中に入って行くときの「こころ持ち」を考えると。(爆)
だって、のっぽさんが、「うそでしょう~!」


Commented by tantan_noppo at 2013-07-07 21:42
♪ゆうさんへ

全くもって勝手極まりないですよね。その後の事をシミュレーション
出来るハズなのに見切り発車させて困ったら駆除しちゃうって
安易すぎ・・・そのために助けてあげるための知恵を絞るなんて
事もしないんでしょうね。
その点鷹匠の方法は考えましたね^^なるほどって思いました。

インドハッカ殿とんとんさんのブログで神戸でも
見たって書いてありました。
もしかしたら日本全国にいるのかも・・・!やっぱり最初は
カゴ抜けなんでしょうね^^;

カッコいいだなんて・・・(照)でも思いっきりがに股になって
ますけどね^^;
川はビックリでした。まさかあんなに深いのに入って行っちゃうなんて。
日本じゃ絶対に考えられないですよね。でもいい経験が出来ました!
あらら、ゆうさん落馬しちゃいましたか@@;
きっと馬運が悪かっただけです。またぜひチャレンジしてほしいなぁ^^

せっかく行くから時間を無駄にしないようにしようと思って
必死に調べて挑みました!(^^)
Commented by tantan_noppo at 2013-07-07 21:50
♪ゆみさんへ

2年半ぶりに馬に乗る事が出来ました(^^)v
とんとんさん本音はかなり怖かったと思います。だってお尻に
血豆が出来る程力が入っちゃてたワケですから(笑)
それなのに最後までちゃんと騎乗してくれて感謝の一言です。
川の中にいる間は私もコケないでねって願ってました^^;
一応申告書には泳げるって書いたけど実際もう何十年も
泳いでないですからね(笑)

次はゆみさんも一緒にね( ̄m ̄*)

川口も今日は35度超えでしたよー@@;
今年も去年並みの猛暑なのかな・・・ハァ。

Commented by tantan_noppo at 2013-07-07 22:05
♪tomoさんへ

外人的日本語・・・しかも関西弁(爆)ええわぁ。
ケアンズ自体もですがホテル内も日本人多かったですからね。
わざわざ日本の朝食を意識してくれてるんでしょうけど
それならばなぜ「ダシ」を入れるって気づかない???って
不思議。日本人の従業員もいると思うのだけど^^;

さっすがtomoさん!インドハッカ殿はムクドリ科なんだそうです^^
だから繁殖力も旺盛なんでしょうね・・・
バードウオッチングは楽しいけれど調べると知りたくないような
現実にもたくさんぶち当たりますね。でも知らなきゃいけないん
だろうとも思うし。本当に考えさせられます。

のっぽ=乗馬=武豊。なんて素晴らしい構図なのー(≧∀≦)
乗馬はまさにサプライズでした。
日本だったら絶対に中止になっていた深さの川。
結構な迫力でした。まさかジーンズが膝まで濡れるとは・・・
いいの?いいの?って思いつつ笑ってしまいました。
シャルドネちゃん恐かったのかもしれないのに後ろにたくさんの
馬たちを待たせていたのでお腹を蹴らせてもらいました(^^;)

でもどんなことでも旅のサプライズは思い出作りの
必需品ですね(^^)
Commented by tantan_noppo at 2013-07-07 22:37
♪ねねさんへ

ありがとうございます♪(がに股ですけどね^^;)
馬が好きで好きで憧れていてとうとう乗馬を始めたのですが
今また出来なくなってしまいました(泣)

とんとんさんは馬が恐いのにプラスして泳げないのに
あの深い川に・・・本当に頑張ってくれました。
天気も景色も最高だったしとっても楽しんでくれた(と思います)
みたいで良かったです(^^)

Commented by tantan_noppo at 2013-07-07 22:45
♪yokoさんへ

こんばんはー^^
いやいや~、ありがとうございます(*^~^*)ゝ
馬が好きで仕方なかったのでちょっとだけ馬に乗ってました。

とんとんさんも馬が恐い+泳げないのダブルパンチだったのに
頑張ってくれました♡

砂丘でラクダではなく馬に乗ったんですね!(笑)
馬は100キロの人を乗せても平気で走れますから。
なんにも気にする事ないですよ^ω^
Commented by tantan_noppo at 2013-07-07 22:49
♪Bonくんパパさんへ

そうなんですよ~!
ただでさえ馬に触るのも恐いって言ってたのに
練習もナシで出発して更に泳げないのにあの深さの川へ・・・
大丈夫かな?ってずっと気がかりでしたが
素晴らしい景色を見ながら楽しんでくれてたように感じました。
本当に感謝のひとことです(*^^*)
Commented by tinku at 2013-07-08 00:52 x
のっぽさん、こんにちは!
やったね!久々のお馬さん!
やはり乗ってる姿勢が決まっていますね。かっこいい。
川越えって、膝まで水に浸かって進むんですか。そりゃワイルドだ。。。とんとんさん、大変だったろうな。
あれ?お馬さんだっけな、ロバだったかな。この先地盤が危ないと察知すると絶対進もうとしないのは。

のっぽさんの鳥声の真似にほぼ騙されてしまうっていうのも、それは鳥真似の練習のしがいがありますね。
Commented by ピュアな女です at 2013-07-08 10:52 x
のっぽさんの鳥声にいつも反応して、
その姿を探した女ですが、何か?(笑)
いやほんとうに、Junさんの秘密兵器に負けてなかったですよ!(笑)

のっぽさんのお友達・・・。
彼らは精一杯生きているだけなんだけどね・・・。
人間の都合で連れて来られ、人間の都合で・・・。
そんなに私達って偉いのかな???
本能は忘れた分、知能がついているはずだから、
もっといろいろな方法を考えられるはずなのにね。

お馬さん、やっぱりのっぽさんの乗馬姿はカッコええわ(*^。^*)
私???
えぇ、必死でしたよ!(笑)
でも、最初のラウンド後半は存分に満喫してました♪
ただ・・・休憩してもうワンラウンドって聞いた時は「・・・」でしたけどね(笑)
川下り・・・。
いや、あれはそれ以上でした!
でも、太古から続く森?の中を進んでいると思うと
感無量でした。
本当にいい経験をさせてくれてありがとう♡

みなさん、ご心配ありがとうございました<(_ _)>
とんとん、お尻に「血豆」を作りましたが、無事生還致しました!(笑)
Commented by tantan_noppo at 2013-07-08 21:50
♪Tinkuさんへ

こんばんはー^^
2年半ぶりに馬に乗れました~♡嬉しかったです♪
姿勢は決まっているようでいて・・・あのがに股は完全NGです@@
馬は臆病で慎重な性格だからTinkuさんの言う通りシャルドネちゃん
察知して動かなかったんだと思います。いつもはもっと
浅い川だったみたいだし。
馬も大変ですよね(^^;)

いつも私が歩きながら鳥の声を真似るととんとんさんが
上を向いて鳥を探し出すんですよ。笑っちゃうけど
嬉しくなりました(^m^)
Commented by tantan_noppo at 2013-07-08 22:14
♪ピュア?な女さんへ

いつも鳥真似するととんとんさんが上を向いて反応してくれるから
面白くて・・・(笑)
Junさんはあの秘密兵器の声を自分も真似してしてましたね。
私はもっとガサツな声しか出せません^^;練習しなきゃ!

お友達の事は色々考えさせられました。
どの鳥だって進化に従って生きてきただけなのに
人間に勝手な事された上に邪魔になったら駆除されちゃうって
・・・「人間様」ってどんだけエライんでしょうね(--)

いえいえ、力入りすぎてがに股になってる自分に笑いましたよ~
そうかぁ・・・もうひとラウンドって聞いた時「やったー♡」って
思った私とは反対だったんですね^^;
逆にもう慣れて来てもっともっと乗りたくなってたりして・・・なんて
思ってたんですが(笑)
川下りはまさにサプライズで私も本当に大きな思い出に
なりました。
ドキドキだったけどやっぱり私たちは「持って」ましたよね(^^)

血豆の痕は消えたかな?
Commented by Mimi at 2013-07-09 12:17 x
のっぽさん、お久しぶりです!
こんにちは(・∀・)
旅行記、毎回楽しみに拝見しています♪

海外の日本食って、
たまにトンデモないものが出てきますよね(笑)
それはそれで面白いけど、
あれが正しい日本食だと思われたら。。(;▽;)

乗馬楽しそう♪
だけど… お尻痛そう(笑)

あっ、オーストラリア英語はどうでした?
私はアメリカからお義母さんが遊びに来てたんですが、
全然英語わからなくてヤバかったです…(´д`lll)
今度フードコートでレクチャーお願いします(笑)
Commented by tantan_noppo at 2013-07-09 21:50
♪Mimiさんへ

お久しぶりです(^^)
なんだかとっても長くなってしまった旅行記読んで頂いて
ありがとうございます!

なんとなくオーストラリアの食事事情は予想は出来ていたのですが
期待を裏切らない数々に楽しい思いをさせてもらいました(笑)
オージーたちはあれが和食でしかも美味しいって思って
くれてそうな気がします^^;

久しぶりに馬に乗れてうれしくて仕方ない私でしたが
とんとんさんはお尻に血豆まで作っちゃってました@@;

英語の状況はMimiさんと多分ほぼ同じです(--)
最初の1歩位はしゃべれるつもりでいましたが
それ以前に全然聞き取れない(@@;)
最初はガイドさん、その後はとんとんさんに頼りっぱなしでした。
フードコードで二人で参考書広げなきゃ・・・ですね(爆)
line

セキセイインコのマッチャとバジル、そしてキウィとの生活を中心としたのほほ~ん日記です。


by tantan_noppo
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31