野生のセキセイインコに出会う旅13


3日目 ~Return to cairnz~


昼食を終え車はひたすらケアンズへと走ります。

ダメだ!と思っても睡魔に負けてウトウトする事もありつつでしたが・・・・^^;
ちょっとビックリだったのがセキセイインコの小連隊が結構
長い間姿を見せてくれたんです。
まさかもういないだろうって場所でも気づいたら飛んでいたりして(*^▽^*)

「今年は普段なら来ない場所に現れている」という
Junさんの言葉が頭に浮かびました。


ジョージタウンは砂漠とユーカリの木ばかりのワイルドな風景、
ケアンズの山々は熱帯雨林が生い茂る鬱蒼とした風景、
その中間地点では・・・

こんな絶景が!!!
f0196665_85454100.jpg

f0196665_855893.jpg

少し移動するだけで全く違う世界を見せてくれます。
オーストラリア、おそるべし。
もっともっといろんな場所に行ってみたい欲求がムクムクと湧き上がって来ました。



車がケアンズ市内に入り、一気に辺りが大きな道路と左右に住宅やショップが並ぶ
馴染みの光景に変ると
Junさんが突然ある駐車場に車を止めました。


車から降りてJunさんの後に着いて行くとそこにあったのは
f0196665_9233194.jpg

ペットショップでした(*^ワ^*)
実はこのペットショップ、来豪前にネットで調べまくって唯一見つけた
ケアンズのペットショップでフリータイムになったら絶対に行ってみようねって
とんとんさんと話していたまさにその場所でした!


中に入ってひと通り店内を見回りました・・・
入るとすぐに小さな魚たちがいてメインは犬猫用品で
少し奥に小動物や鳥の商品があって。
店内の両端に生体がいて。

内容はほとんど日本と変らない印象でした。
鳥グッズに絞って言うならばむしろ日本の専門店の方が豊富だと思います。

鳥王国オーストラリア。さぞかし興味深い鳥商品があるんだろうなって
お土産を買うのを楽しみにしていたのですが
来豪後はJunさんに鳥への関心度や飼い鳥事情を聞いていたので
なんとなく予想は出来ていましたが・・・^^;

と、いう訳で買い物には至らず。

あ、でも多数飼いが多いからかシードがお米のように5キロ単位で売っていたりして
ダイナミックでした(^m^)


・・・と、「店内」はこんな感じでしたが実はこのお店には中庭のような場所があって
奥にある扉を開けると大きなケージにたくさんのインコの姿が!
(とんとんさん、何枚か写真お借りしました)

f0196665_9514724.jpg


f0196665_9521533.jpg


f0196665_9525170.jpg


f0196665_9532722.jpg


f0196665_9534974.jpg


気づかれた方いるかな。
オーストラリアでも販売されているのはやはり原種ではなく
カラフルな子達がメインのようです。

もちろんセキセイも。
f0196665_9565783.jpg

f0196665_10281626.jpg

もしかしたら品種改良を始めたのはオーストラリアが先?
と、その辺の歴史は分かりませんが

「もし原種ばかりだったらもしかしたら捕まえて来たのかもって事だからホッとした」
と言うとんとんさんの言葉にメッチャ納得。





そして車はホテルに到着。
Junさんはケアンズ市内にお住まいなので取りあえず今日はここでお別れ。
出張(?)が多いJunさんのお仕事は奥様もさぞかし寂しい思いされてるだろうなと
余計な事を心配しつつ次の日の約束をしてホテルの部屋へと向かいました。


「ひゃああー!とんとんさん見て!!!」
部屋に入った瞬間目の前に飛び込んできた景色に叫んでしまいました。


f0196665_101826.jpg

f0196665_1018255.jpg

実は海も大好きなのっぽ、テンション上がりまくりでしたO(≧∇≦)O
f0196665_10321774.jpg


昨日までとは笑える程ギャップのある環境。楽しすぎー♪



さてさて、Junさんが抜けたこの時点で実質初めてのっぽととんとんさんの
二人きりの旅となったワケですが・・・

この直後早速やらしました ̄Д ̄ 


とんとんさんのブログも読まれてる方はすでにご存じだと
思いますが、コンビニまで夕食の買い出しに行きまして・・・

スムーズに行けば往復3~40分もあれば帰って来れた道のりを
1時間半もかかったという・・・・(_ _|||)

ちゃんとJunさんに行き方を聞いてホテルのバルコニーから目印となる
看板の方向などもチェックしておいたのに。
いざ出発してみると道の複雑さが上から見下ろしたイメージと違うんですよね^^;

この日はやけに湿度が高い夜で汗をかきかき歩いて歩いて・・・
けれども看板は見つからず。
結局とんとんさんが歩いていた地元民っぽいカップルに聞いてくれて
なんとか一番近いコンビニにたどりついたのはいいけれど
行きの時点であっちこっちの道を通りすぎたために帰りの道がまた分からず(@@)

しかも道路沿い以外は街頭がほとんどないため
暗くて行きに通った道なのか確認も出来ない。
道を聞くにも通行人もいない(笑)


でも「ホテルは沿いだったんだから海岸線を歩いてればいずれ着くハズだよね」と
楽観的女二人はひたすら海岸沿いを歩き続けました。


途中お酒を売っているお店のこんな看板を見つけて笑う余裕も
f0196665_1134171.jpg

Thirsty camel  喉が渇いてるラクダ。
ここは海なのになんでラクダー?( ̄▽ ̄)

なんて小馬鹿にしつつそのまま10分位歩いたでしょうか。

「このままじゃもうすぐ駅に着いちゃうよ(汗)」
ととんとんさん。
ホテルは地図上では駅よりはるか手前。

本当にホテルは海岸沿いだったのか?なんて不安さえ頭をよぎりました。

でも確かに目の前は海岸だったハズ。遊歩道をジョギングしている
姿を確かに見たし・・・
・・・・と、いう事はすでに通り過ぎてしまったという事。

そして二人は今度は慎重に連なるホテルをしらみつぶしにチェックしながら
引き返して行くと・・・


も・・・もしかして( ̄∇ ̄;)

そう、喉が渇いたラクダくん・・・そのお店の上こそのっぽ達の探すホテルだったんです。


後々
「あのホテルは1階にお酒やジュースが売っているお店がありますよ」って
教えてくれたJunさんのセリフを思い出して笑うしかない女二人でした(--)



そんなワケで予定より遅くなってしまったけどなんとか夕食にたどりついた
この日の夜でした。
f0196665_11244522.jpg

まるでおやつ???
こちらのコンビニではこれが限界でした~(^^;)




ポチっとしてくれたらうれしいです♪
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
[PR]

by tantan_noppo | 2013-06-15 11:31 | セキセイインコ | Comments(14)
Commented by tomo at 2013-06-15 17:48 x
チームロスト~~(>▽<)
とんとんさんのところでThirsty camel 見てたけど、ま、まさかその上が!ってところ見落としてました。
~チームロスト3人目(笑)~
今までセキセイ軍団に鳥肌立ってたけど、今日「まさかその上が!」で新たなバージョンで鳥肌^^;

ほんと。なんて絶景なんでしょう~~♬
車で走ってる時といい、ホテルの眺めといい。
これをお膳立てしてくれたJunさん、きっと二人のテンション見てコッソリ(o ̄ー ̄o) ヤッタゾ...と
写真が大きく見れたらいいのになぁって最初から思ってますがまた今日も^^
Commented by ねね at 2013-06-15 18:12 x
なんかボキャブラリーなくて
ずっと凄い!!!しか言ってないような気がしますが
また今日の風景もまさに「凄い!!!」の一言に尽きますね(^O^)
こんな広大な大地、美しい自然が多くの鳥達や動物達を
育み守ってくれているのですねぇ(*^。^*)

そうそう、私も何度も写真をクリックしては
「大きくならない(ー_ー)!!」と思ってました(^^ゞ
Commented by ゆう at 2013-06-15 18:28 x
どの景色も、絶景ですね!!みてるだけで癒されますo(^-^)o

セキセイが世界にでていく過程を書いた本を以前みた時、私の怪しい記憶では、確かイギリス人?がセキセイインコを捕獲して船で連れかえって、たくさん亡くなり悲惨だったとか…。繁殖の仕方も全くわからなかったけど、巣箱を入れたら繁殖するして人工的に増やすことに成功したとか、書いてあったのを思い出しました。

アボリジニはセキセイインコを食べていたとかも書いてました(>_<)

ペットショップ、オーストラリアでも、メインは犬猫なんですねf^_^;

セキセイインコが注目されていないなんて、日本と逆ですよね!
でも広いケージでのびのびしているのは、なんだかいい感じです(^^)
Commented by yoko at 2013-06-15 22:13 x
こんばんわ~♪

あれだけ自然のセキセイを見られる・・・って言う事が、自分のお家でセキセイ飼うの・・・に繋がらないのかな~??

モモイロいんこにしても鳩のようにごろごろいると、飼う気にならないのかも・・・

外国の鳥グッズは、きょ~れつな感じがして、やっぱり日本の物が可愛くて良いよね~^^
Commented by tantan_noppo at 2013-06-15 23:51
♪tomoさんへ

私が「ロスト」なのは事前にとんとんさんに伝えてあったのですが
まさか頼りにしていたとんとんさんまでがそうだったとは
計算違いでした(笑)
で、tomoさんもですか?@@
次回は方向に強い方にも同行願わなきゃいけないですね(^m^)

きっと予想通りに騒ぐ私たちを見てJunさんも
「簡単だな」って心でクールに笑っていたんでしょうね~
写真はあらかじめサイズを小さくしてしまってたのですが
そっか・・・大きくしてみようとしてくれる方もいらっしゃるん
ですね。これからそのままのサイズで載せますね(遅っ!)
Commented by tantan_noppo at 2013-06-15 23:57
♪ねねさんへ

動物たちがノビノビしているのも人間がおおらかなのも
みんなこの風景の中に溶け込んでいるからなんでしょうね^^
どの場所も広大でダイナミックでそして美しくて・・・
みどりーずを連れて行けるならいつか住んでみたいって
本気で思えた場所でしたが無理なんですよね(^^;)

写真わざわざサイズを小さくして載せてました@@
せっかくクリックしてくれた人がいたのに申し訳ないです。
これからそのまま載せますね!
(メインは終わっちゃったのに遅いか・・^^;)
Commented by tantan_noppo at 2013-06-16 00:06
♪ゆうさんへ

車の中でぼーーっとしながら外の景色を見てるだけでも
十分に贅沢な時間でした(時々コックリコックリしてしまいましたが)
ボーリア辺りはやっぱり砂漠地帯なのかな・・?

なるほどなるほどメモメモ。確かに植民地時代を考えれば
イギリスが関わった可能性は十分考えられますもんね!
かなりの犠牲が出てしまったけれど今自分たちがセキセイを
知るきっかけにもなった出来事だったって事ですね。
勉強になりました!

そうそう、アボリジニ語でセキセイインコは「美味しい物」って
意味なんだそうですね。でも食べてもほんのひと口で
終わってしまいそうですね(^^;)

現地でのセキセイの人気のなさは寂しくもありますが
でも広い場所でノビノビと飼われてると思うと
自分ちの環境を考えてちょっと複雑な気持ちにもなりました。
Commented by tantan_noppo at 2013-06-16 00:11
♪yokoさんへ

こんばんはー^^

確かに日本に住んでてスズメを飼いたいってあまり思いません
もんね・・・ハトもレースなどで使う以外は思わないし。
でもセキセイはあんなにきれいな緑だしって思っても
もっと鮮やかな鳥もたくさんいるし^^;

外国の鳥グッズがきょーれつって
メッチャよく分かります!!!目とかするどすぎですよね(爆
Commented by とんとん at 2013-06-16 10:35 x
そう☆このホテルに入った途端に「リゾート」モードにスイッチONしましたよね(*^。^*) その「うかれ」がその後のチームロストにつながるとも知らずに・・・(笑)
きっとあのラクダも私達のことを笑っていたでしょうよ!
改めて写真で見ると・・・寂しい夕食(;一_一)

そうアボリジニ語でのセキセイの意味・・・。
ぴーちゃんなら・・・・以外と美味しいかも???
と、今日も彼女を襲ってしまった私です(笑)

あっ!のっぽさん・・・ちょいちょい「眠りの海」に引きずり込まれてましたよね^m^
Commented by ruruinko at 2013-06-16 12:07 x
こんにちはー♪( ´▽`)
毎回楽しく見させてもらってます〜雄大ですねーオーストラリア!セキセイインコやモモイロインコが野生でいるなんて、やっぱり信じられない私(@_@)のっぽさんやとんとんさんのブログをまじまじと見てやっと納得(≧∇≦)!オーストラリアの人は、小さいゲージでセキセイインコを飼おうなんて思わないのかな(^_^;)?!
もう少しオーストラリアのお話は続くのかな?まだまだ見てみたいです。(のっぽさんととんとんさんのおっちょこ話もっ!)
Commented by tantan_noppo at 2013-06-16 18:53
♪とんとんさんへ

チームロストと言えばあのラクダがトレードマークに
なってしまいましたが今思ってもなんであの時もっと奥を見て
自分たちのホテルだって気づかなかったのか不思議・・・
他のホテルには足まで踏み入れてたのに。ラクダの呪い?(笑)

野生のインコの筋肉モリモリを考えたら余計に美味しく
なさそうですよね^^;
ぴーちゃんに関わらず飼い鳥さんの方が脂肪がたくさんで
美味しいでしょうね~ハハハ。

車中では定期的に引きずり込まれてこっくりこっくりしてましたね~

Commented by tantan_noppo at 2013-06-16 19:00
♪ruruinkoさんへ

こんにちはー^^
ありがとうございます♪そう、まず感じるのが華やかな鳥達を見て
「みんなどこから逃げて来ちゃったのー?」って(笑)
そこら辺の電線や気にセキセイが止まってるなんて信じられない
ですよね。
ショップには日本で売ってる小さめのケージも売ってたから
家の中で手乗りにしてる人たちも多少はいるのかなとも
思いましたが、やはり多くの人は広い庭を利用した
飼い方をするんでしょうね^^

とんとんさんの方の旅日記は終了しましたが
私の方はまだまだ続きそうです^^
飽きずに読んでやって下さい!
Commented by みっく at 2013-06-17 16:09 x
絶景かな絶景かな。♪
植生がグラデーションしてますね!

そして地元のペットショップも覗いてこられたんですね~。♪
やっぱ飼い鳥は品種改良された子がメインなんだ~。@o@

は~私もオーストラリア行きたい…。
やっぱ、ネイチャーガイドさんがプロデュースされると違いますね~。
いつでも確実に見られるってわけでもないので、せっかく行くのなら専門のガイドさんにお任せするのが良さそうですね。^^♪
オカメさんのおまけ、美味しすぎます~。>▽<
セキセイ・オカメさんはもちろん、アキクサさんも見れると言うことなし!なんだけどな~。
贅沢言い過ぎ?^^;
(ホオアオサメクサインコさん、雰囲気アキクサさんに似てました。♡)
Commented by tantan_noppo at 2013-06-17 22:07
♪みっくさんへ

どこに行っても絶景で車の中でも飽きる事無く楽しめた
旅でした。(睡魔と闘ったりもしましたが・・・^^;)

オーストラリアのペットショップ事情も知りたかったし
絶対に行きたいって思ってたんだけどちょっと拍子抜け。
セキセイはもしかして日本では見れない原種だらけだったり
するのかなって思ってたけど・・・ほとんどが品種改良の子
ばかりでこちらも「そうなんだ~」って感じでした^^;

やっぱりエキスパートの人と行くとこちらもどんどん引き込まれて
行ってしまいます。まさか!っていう場所にいる鳥さんを
見つけてくれるし説明も実に分かりやすいし。
費用は少しかかってしまってもやはり頼むべきだって実感しました^^

みっくさんとねねさんのために野生のアキクサさんも見たかった
んですけどね~。残念ながらアキクサはもう少し内陸に行かないと
いないって言ってました。
ホオアオちゃん柄はセキセイっぽいけど姿はアキクサに
似てますよね^^本当に可愛かったです♡
line

セキセイインコのマッチャとバジル、そしてキウィとの生活を中心としたのほほ~ん日記です。


by tantan_noppo
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31