チロさん、ありがとう

今日はとても個人的な内容になってしまうのですが
いつまでも心に留めておきたい出来事があったので
ここに記させていただく事にしました。

とても思い出深い旅行となった先々月の熊本旅行。
楽しくて充実した旅になった事は事実なのですが
実は最終日の朝、とっても重大な出来事が起こりました。

「小鳥と暮らす」を読まれている方はすでにご存知だと思うのですが
chiropiさんのお家のセキセイインコ
チロリちゃんが虹の橋へ旅立ってしまったんです。

チロリちゃんはchiropiさんご夫婦と一緒に暮らしている4羽の
中でも先輩インコとして後の3羽をしっかりとまとめていた
とっても強くて優しいインコでした。
chiropiさんのオープンしたカフェの名前を「喫茶チロリ」と
つけた事を考えただけでもご夫婦のチロリちゃんへの深い思いが伝わって来ます。

f0196665_015612.jpg


そんなチロさんが寄りによってあの日に・・・。


チロリちゃんはずっと卵管ヘルニアという病気を患っていて
私が熊本に行く少し前から体調が良くないという話は聞いていましたが
実際に会ったチロリちゃんは思っていたよりも具合が悪そうで
少しびっくりしました。

行った日の夜に聞いたのですが、
もしかしたら私が行くまでに間に合わないかも・・と旦那様と
話していたそうなんです。
「父しゃんと二人、もう覚悟はしているんです。」
そうお話してくれたchiropiさん。
本当はチロさんの事が心配で仕方ないと思うのに
鳥飼いさんの会を開いてくれたり私の事も気にしなきゃならないし・・・
こんな時期に来てしまって申し訳ない気がしていました。


だけど過去にもかなり具合が悪くなった事があったのに
見事に立ち直って元気になってくれていたチロさん。
今回も絶対に回復してくれる!そう願っていました。

大好きなチャッピーくんと。
f0196665_025023.jpg


チロさんが急変したのは翌朝の出掛ける少し前でした。
本当に突然の事で今思い出してもあの時の場面は現実感がありません。
見る見るうちにchiropiさんの手の中で衰弱して行くチロさんに
「チロさん、なんで今なの?ダメだよ、夜には父しゃんが帰って来るから!
せめてそれまで頑張って」
ただそんな言葉を叫んでいたような気がしますが
そんな願いもむなしくチロさんは
chiropiさんとチャッピーくんと私の見守る前で静かに目を閉じて行きました。


チロさん・・・嘘でしょう。
ただ呆然としてchiropiさんに掛ける言葉さえ見つからない私。
でもchiropiさんはしばらくすると気丈にも私に言ってくれました。

「チロさんはね、のっぽさんを待ってたんですよ。
のっぽさんが来てくれて鳥飼いさんの会も見届ける事が出来たから
安心して今旅立ったんだと思います。優しい子なんです。
だからのっぽさんせっかくの旅行を悲しい思い出にしないで下さいね」と。

chiropiさん本当はもっともっと泣きたかったと思います。
でも私がいたから気持ちを抑えざるを得なかったでしょう。
それだけじゃありません。
「私は一人でもどうにでもなるからchiropiさん今日はチロさんと一緒にいて
あげてください」と言った私に対して
「ここでチロさんの前で一日泣いていても状況が変わるワケじゃないし
かえって気晴らしにもなるから」と言って
市内観光、そして空港のお見送りまでお付き合い下さったんです。
昨日と変わらない笑顔で。

それからも私の事をずっと気使ってくれて何度も何度も
「一緒にチロさんを看取ってくれてありがとうございます」と
言って下さった本当に優しいchiropiさん。
ありがとう。


正直言ってそれから2,3日はチロさんの事が頭から離れなくて
私が行ったストレスがチロさんの身体に良くなかったんじゃないか?とか
色々と考えてしまいました。
でも少し気持ちが落ち着いてから思うことは、
この事はショックで悲しい出来事ではありましたが
あの日のchiropiさんの思いを考えたらやはりこの事を
それだけにしてはいけないという事。

チロさんの事は記事にすべきではないとも思いましたが
チロさんが私を待っていてくれたならばなおさら
私の中の深くて意味のある思い出として刻んでおかなければと
この思いを忘れないようにここに記させて頂きました。

チロさん、ありがとうネ。
f0196665_043724.jpg




にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


[PR]

by tantan_noppo | 2011-12-12 00:05 | セキセイインコ | Comments(20)
Commented at 2011-12-12 07:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-12-12 08:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pen at 2011-12-12 17:23 x
のっぽさんこんばんは♪
私もあの時、本当にびっくりしました。本当に急だったので…
あったことがない私でさえ思わずパソコンの前で泣いてしまったんです。のっぽさんもさぞ驚かれたことでしょう。
でもでも、チロさん、大好きなのっぽさんが来るまでがんばってくれたんですよ、きっと。chiropiさんがおっしゃるように、みんなに会えて、安心したんですね。chiropiさん1人の時ではなく、のっぽさんがいるときに旅立つなんで、本当に思いやりのあるインコさんだったんですね。chiropiさんも心強かったと思います。

私はチロさんに会うことが出来なかったのが心残りです。のっぽさん、一緒にチロさんの思い出をずっと胸にしまっていきましょう。
Commented by tantan_noppo at 2011-12-12 22:06
♪鍵コメ1さんへ

あんなに大変な時に行ってしまってchiropiさんには申し訳ない
気持ちでいっぱいでしたが、チロさんは待っていてくれたって
言葉を聞いて今はとてもうれしい気持ちです。
チロリちゃんには鍵コメさんの言われる通り自分の中で
思い出の宝物として自分の中で大切にして行こうと思います。
うまくコメントできないだなんて・・・十分伝わって来ましたよ^^

まだまだ捜索頑張りましょうね!!!
Commented by ピヨコ at 2011-12-12 22:06 x
のっぽさん 色々な事があったのですね~
チロリちゃんはのっぽさんに会いたくて、待っていたんですよ、きっと。
”抱っこして泣いているより気が紛れる”のって本当ですね。
のっぽさんと一緒にチロリちゃんを送ったみたいな気持ちがします、ぴっころもお迎えに出たのかしらって思いました。
Commented by tantan_noppo at 2011-12-12 22:06
♪鍵コメ2さんへ

わざわざコメントありがとうございます。
とてもお忙しそうですがお身体気をつけてくださいね(^^)
Commented by tantan_noppo at 2011-12-12 22:28
♪penさんへ

こんばんは^^
penさんもビックリされたでしょうね・・・本当に突然の出来事でした。
あの時の事は断片的にしか覚えてないくらいです。
そして優しいお言葉ありがとうございます。
改めて救われた気がします。チロさん苦しい中待っていて
くれたんですね・・・チロリちゃんにもtchiropiさんにも感謝して
penさんの言われる通り一緒に思い出として
胸に刻んでおく事にしますね^^

penさんもいつか喫茶チロリに行かれる予定ですもんね。
チロさんがいないのは残念だけどチャッピーくんと女子2羽が
楽しく迎えてくれますよ^^
Commented by tantan_noppo at 2011-12-12 22:34
♪ピヨコさんへ

そうなんです。いい意味でもそうじゃない意味でも
運命を感じるような出来事でした。
チロさん苦しい中私の事待っていてくれたんですね。
chiropiさんにもチロリちゃんにも本当に感謝の気持ちで
いっぱいです。
ぴっころちゃんもうちの先代だちも・・・
虹の橋のセキセイチームと今頃一緒に楽しく遊んでいますよね^^
Commented at 2011-12-13 11:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by てんむす at 2011-12-13 20:18 x
チロさんのお話読みました。
chiropiさんとっても優しい方ですね。
涙が出てしまいました。
チロちゃんはそんなに優しい方と過ごしたのだから
絶対幸せでしたよね。
動物は本当に可愛いですが、お別れが本当に辛いです。
Commented by tantan_noppo at 2011-12-13 23:39
♪鍵コメ3さんへ

えぇっ昨日はそんな大切な日だったんですね・・・
そんな事何も意識していませんでした。
そうですね。ありがたいことにとっても深い縁があるのかも
しれませんね~^^

合羽橋、はとバス、待ってますよー!(^^)
Commented by tantan_noppo at 2011-12-13 23:51
♪てんむすさんへ

そうなんですよ。今思い出してもchiropiさんの優しさが
胸に染みて感謝の気持ちでいっぱいです。
そんなchiropiさんと過ごしていたからチロさんも
優しいインコさんに育ったんでしょうね。
私も幸せな気持ちで旅立って行ったって信じてます^^

いつかお別れが必ず来るって分かっていても
本当に辛いです。
長生きしてほしくてもこればかりはその子の生まれ持った
体質だったりはどうにもならない事だし・・・
せめて幸せだったって感じて旅立ってもらえるように
飼い主として頑張らなきゃいけませんね!
Commented by エアッピ at 2011-12-14 23:45 x
そのような事が、楽しい熊本の旅の中であったのですね
chiropiさんは、とても優しくて心の強い方ですね
その部分が、きっとのっぽさんが、足を延ばしても行きたいと思ったところなのかもしれませんね 
悲しい出来事であったと思いますが、命に触れたこと、想いに触れたこと、とても大切な思い出になりましたね
お別れは、本当に辛いです
でも、それだけ大事な存在だということで、出会えたことに感謝ですね

今日は、またティナちゃんの捜索のお手伝いをされたんですね
たどり着けないけれど、諦められないですね
最終的には、聞きこみ捜査というものもあります
猫を迷子にしてしまったお友達が、娘さんと聞きこみを始めて、
また聞きみたいな感じの情報を得て、無事見つかったという事を
つい最近聞きました
ピンポンするのはかなり億劫になりますが、こんな方法もあるんだと
思いました
Commented by Tinku at 2011-12-15 08:56 x
遅いコメントですみません。

熊本旅行、たくさんのインコ仲間にも会えてよかったですね。
チロさんのことはChiropiさんのブログで知っていましたが、
のっぽさん、チロさんに会えてよかったね。チロさん、本当にのっぽさんのことを待っていたんだなぁ、と思います。
チロさんのこと、こうして綴ってくれてうれしいです。
Commented by tantan_noppo at 2011-12-15 11:22
♪エアッピさんへ

エアッピさんの言われた通りだと思います。
ずっとブログ上でお付き合いをさせて頂いて
chiropiさんの人柄やインコに対する思いが胸に響いて
いたからこそ熊本まで行く活力になったんだと思います^^
インコ好きと言うだけでこんなにも絆が出来るんだって
事と楽しいみなさんに出会えたこと、命の重さ、
たくさんの事を感じる事が出来た旅でした。
本当に感謝のひとことですね。

聞き込み捜査ですか!考えもしてなかったです。
確かにピンポンするのは結構な勇気が必要になりそうですが
見つかった事例があるなら無視は出来ないですね・・・
ゆみさんも身体が丈夫な方ではないのでそれも心配です。
昨日も保護されてると思うから無理しないで
地道に行きましょうってお話しました。
Commented by tantan_noppo at 2011-12-15 11:39
♪Tinkuさんへ

うれしいお言葉ありがとうございます。
改めてチロさんは待っていてくれたって言っていただけると
胸が熱くなります。あの時は悲しさの方が先にたってしまって
記事にするのを迷ったけれどchiropiさんが書いてあげて
下さいって言って下さったので書かせて頂きました。
chiropiさんとチロさんの思いをムダにしないように
生きて行こうと思っています(^^)
Commented by tomo at 2011-12-16 10:17 x
遅くなりました~

チロリちゃんもchiropiさんも、のっぽさんがいらっしゃったことできっと心強かったと思うって初め思っていました。もちろんそれは今も思っていますが
例の本を読んでふと考えたことがありました。
インコたちも飼い主の悲しむ顔は見たくないと思っているようです。
自分の死、という考えは彼らにはないけど、飼い主たちの悲しげな様子からそれを漠然と考えるのかも、と。

チロリちゃんはchiropiさんが悲しむのを少しでも和らげたいと、もしかして思ったのかもしれません。
のっぽさんと一緒のchiropiさんを見て、その時チロリちゃんは少し安心して逝くことができたのでは、と思いました。
chiropiさんがその後、行動をともにされて一人でいらっしゃるより楽しい時間を過ごされたことは、チロリちゃんの願いでもあったかもしれません。
人間が好きな人には悲しんでほしくない、って思うのと同じ感情をきっとインコたちも持ってるって今は強く思います^^
Commented by 半分 at 2011-12-16 10:57 x
何だか何も言葉が浮かばなくて、コメントがだいぶ遅れてしまいました。
チロリちゃん、病気だったのですね。
そういう時だからこそ、のっぽさんを始め、たくさんの鳥好きさんたちが遊びに来てくれて、
さぞうれしかったと思います。
チロリちゃんのお父しゃんもお母しゃんも、来客がうれしくて、にこにこしてらしたんですもの。
幸せそうなお2人を見て、きっとチロリちゃんはもっと幸せだったはず。
そして、のっぽさんと2人でいることで楽しそうにしてるお母しゃんの前で、
いまならきっとそんなに淋しがらせないだろうと、自分が逝ったあとも、
のっぽさんがお母しゃんと遊んでくれるだろうと、
そう思って安心して、旅立ったのではないでしょうか。

チロリちゃんは、何より、お母しゃん、お父しゃんの悲しみを最小限にしようと一生懸命考えて、
虹の橋へ旅立ってくれたんだと思いました。
そんな、大きな愛に応えられるように、後悔しないように、たくさんたくさん愛したいと、
のっぽさんの記事を読んで思いました。


Commented by tantan_noppo at 2011-12-16 12:34
♪tomoさんへ

お忙しい中コメントして頂いてありがとうございます^^
そして温かいお言葉とっても救われました。
自分の都合のいいように考えてしまってるかも・・・って
気持もあったのでtomoさん含めてみなさんの
コメントを読んで改めてチロさんは本当に安心して
旅立って行ったんだなって感じています。

そうなんですよね。
この前の本のお話もそうですがインコは言葉とか細かい部分は
分からなくても漠然とした感情で喜怒哀楽や生死の事を
感じていますよね。って事は
チロさんが私の事をchirpiさんのお友達として
認めてくれたんですね^^
「今日は母しゃんの事頼んだわよ!」ってチロさんの言葉が
今になって聞こえてきた気がします。

チロさんとchiropiさんに教えてもらったこと
大事に胸に刻んでこれからもお互いに小さな命を
精一杯可愛がって行きましょうね(^^)
Commented by tantan_noppo at 2011-12-16 12:44
♪半分さんへ

本当にありがとうございます。
みなさんの温かいお言葉、そして半分さんのコメントを
読んで改めてチロさんは幸せな気持で旅立って行ってくれたんだ
って思う事ができました。
最初の頃は負の感情ばかりが先立ってしまっていましたが
今はチロリちゃんとchiropiさんの絆、優しさに感謝の
気持でいっぱいです。
チロさんはボスインコだったからみんなの様子を伺っていて
今なら母しゃんの悲しみが少なくて済むって思ったのかな・・・
そう思ってくれた事にも感謝してそして今回の事を
ムダにしないようにみどりーず達ともすごして行かなきゃ
いけませんね!

これからも困ったり悲しかったり色々あると思いますが
お互いに自分ちの子が幸せでいてくれるように
精一杯頑張って行きましょうね(^^)
line

セキセイインコのマッチャとバジル、そしてキウィとの生活を中心としたのほほ~ん日記です。


by tantan_noppo
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31