母への思い

連休最終日の今日、のっぽは母のお墓参りに行って来ました。

今日も相変わらず暑くて普段あまり汗をかかないのっぽも
お参りしている間に顔から汗が流れ落ちました。

f0196665_232857.jpg

去年新しく建てたばっかりのお墓。まだピカピカです(^^)


母は享年60歳。
まだ若かったですよね・・・
旅立ってもう今年で9年になりますが、亡くなった時の事はまだ
昨日の事のように覚えています。

ただ、最近になって母の事でのっぽの考えが変化しつつあります。

母とは友達の様に仲良しな親子でした。
特に最後の10年は喧嘩する事もなくお互いの理解者で
色んな場所にも一緒に出掛けました。

のっぽはずっと自分と母は性格が似てると思っていました。
だから気が合うんだろうな・・・って。

だけど自分も歳を重ねて来て、最近感じるのは
むしろ自分と母は真逆な性格だったのではないか?という事。

マイペースで面倒見がよかった母。
サバサバしている性格も好きでした。
だけど・・・・
今考えると、母はとにかく家族が大好きで家族さえいたら
何もなくていいという人だったんです。

母が亡くなってしばらくしてから母の親友が教えてくれたのですが
母が入院中に言っていたそうです。
「母親として失格な言葉かもしれないけど
私はのっぽが結婚してなくて良かったと思ってるのよ。
結婚してたらこんなに私のそばにいてくれるワケに行かないでしょ?
そうしたら私は病気と戦えなかったと思うから」と。
救われた言葉でした。

母はのっぽなんかよりずっと寂しがり屋でずっと可愛い女だったんだろうって
今になって思います。

亡くなる2日前、もう1日のほとんどを薬によって眠らされてる状態の母が
ベッドの上で珍しくパッチリ目を開けていたので
「あれ?珍しい!起きてたんだ?」と言って近づいたら
突然右手をのっぽに向かって差し出して来た母。

手を握りたいのかな?と思ってのっぽも両手を差し出したら
母の手はのっぽの手を通り越してのっぽの頬を触り、何度も撫でて
そしてなんとも言えない笑顔で笑ってくれました。

その瞬間に沸いた胸を締め付けられる思いと、頭の中でよぎったある予感。

のっぽもその笑顔に応えてニコっと笑うと母は安心したかの様に
再び静かに眠りにつき、そして予感通り
それから二度と母の意識が戻ることはありませんでした。

肺に転移したガンのためにもう言葉を話す事が出来なかった母が
のっぽに最後に見せてくれた笑顔。
その笑顔は100の言葉よりも母の思いが伝わって来ました。

あの笑顔は今でものっぽの生きる糧になっています。

それなのに・・・
いつまでも落ち着かず、しょっちゅうヘタレてばかりの
ダメダメな娘。
母もゆっくり眠っていられないだろうな・・・ゴメンネ。
でもいつまでも見守っていてね、母よ!(^^)


長文読んで頂いてありがとうございました。
たまには母の事を思い、きちんと思い出してあげなきゃと思い
この場をお借りしてしまいました。


f0196665_23592286.gif


みどりーずも今日も元気でした~!


とうとう二刀流なったバジ男の龍馬刀
f0196665_071533.jpg

綺麗に左右対称に刺さっています。

それにしても抜けないね・・・
でも本鳥、慣れてきたのか最近はあまり気にしなくなりました。ホッ。
f0196665_08442.jpg



そして、今日は姫様が、
f0196665_010370.jpg


f0196665_0101699.jpg


f0196665_0102977.jpg



・・・と、いう事でまたちょっとだけエアコンのお世話になりました。

明日は猛暑からは開放されそうという事なのでひと安心です(^^)



ポチっとしてくれたらうれしいです(^^)
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


[PR]

by tantan_noppo | 2011-07-19 00:14 | セキセイインコ | Comments(16)
Commented by けーち at 2011-07-19 01:30 x
のっぽさん こんばんは。
暑い中 会いに来てくれて お母さん きっと 喜んだと思うよ。
そして いつものっぽさんの側で 応援してくれているよ。
頑張れって背中をやさしく押してくれているよ。
笑顔と ホッペのぬくもりを忘れないかぎり
のっぽさんの心の中で 安らいでいるはずだよ。
私 のっぽさん大好き。
のっぽさんのお母さん ありがとう。

あちゅくてもミドりたちは 元気でよかった。(*`∀´*)
でも ああぁ 確かに あちゅいね。
姫様の周りだけ 体感温度 高そう・・・。

とっとさんの 路上ライブ 拝見してくれて ありがと~
寄り道してくださったのですね。(人´∀`)アリガトー♪
また そちらの方で歌う時は お知らせさせてくださいね。
お返事 遅くなってすみませんでした。(*;ω人)
Commented by てんむす at 2011-07-19 06:48 x
朝から泣いてしまいました。
そして私も父がなくなったときを思い出しました。
私もお墓参りにいってこう。って思いました。
近いのですが。お母さんきっと喜ばれていると思います。

バジ男君の両刀使い痛々しいです。。。早く抜けるといいですね。
Commented by ゆみ at 2011-07-19 07:35 x
のっぽさんのお母さまへの想い、お母様ののっぽさんへの想い、胸にしみて涙がこぼれました。。
最愛のお母様とのお別れはどれだけつらかったでしょう。。
9年経った今でもお母様のいらっしゃらない淋しさ、心細さは変わらないのでしょうね。
でもお母様はとても幸せな気持ちで旅立っていかれたのですね。
のっぽさんは親孝行な娘さんですね。
最期の笑顔でのお別れはとても素敵ですね。
お母様の心にものっぽさんの心にもいつまでも残っていますね。
なんだか上手く言い表せませんが。。。

キウィちゃん、暑そうですね~。
昨日のバジル君の口呼吸、暑さ故なのか、扇風機が怖くてアクアクしちゃってるのか??なんて思っちゃいました^m^
今日は暑さはおさまるようですが、すごい雨。。

いよいよ明日ですね。
なんだか今朝はものすごい雨が。。。
明日はどうなのでしょう。。。。
Commented by pen at 2011-07-19 13:00 x
のっぽさん、私の父も7年前やっぱり60歳で亡くなりました。先日実家でお盆を迎え、4日間だけ家に帰ってきてくれました。夢に出てくる回数もなぜかこの間は増えましたね。元気な姿を見せてくれました。親が子より逝くのは当たり前、と一般的には言われますが早すぎる死でしたよね。のっぽさんのお母様もまだまだ楽しい人生があったはずです。でも本当にこうしてのっぽさんがお母様を思い出す度、お墓参りに行かれる度に喜んでおられると思います。そしてお母様の分まで健康で長生きしてほいいと思っておられると思います。

マッチャ君とバジル君の真夏の恋、今年も熱いですね~。姫様との熱愛もお待ちしてます(^^)姫様、ちょっとやせましたか?
Commented by tantan_noppo at 2011-07-19 16:45
♪けーちさんへ

おはようございます^^
なんだか朝からしんみりさせてしまってごめんなさい。
私はけーちさんの言葉に泣きそうになりましたよ!
けーちさんの優しい言葉はきっと母の代弁だと信じて
胸に記して行こうと思います(^^)
ありがとう、けーちさん!

もう毎日暑くてほんのちょっとでいいからあの秋口のひんやりした
気持いい風が吹いて欲しいです(--;)
姫様はお腹に溜めた脂肪がガンガン熱を放出してそう
ですよね~

とっとさんは歌声にも歌詞にも優しさがあふれていて
とっても素敵な方でした。
あんなに華奢なのに内に秘めたパワーみたいなものも
感じてけーちさん親子が好きになるのも納得でした。
また機会があったら聞いてみたいです(^^)
Commented by tomo at 2011-07-19 16:50 x
60歳、お若くして亡くなられたのですね。
読ませてもらって、涙がこぼれました。あらためてご冥福をお祈りいたします。
ご家族のことが大好きだったお母様は
のっぽさんのことをどんなにか愛していらしたでしょうね。
のっぽさんとこうしてお付き合いさせていただいて
おのずとどんなお母さまだったか、わかる気がするのは私だけでしょうか^^

のっぽさんの優しくて、心が広くて楽しい、お人柄の中にお母さまは間違いなくいらっしゃいますね(*^^*)
こうして書いていただいて、少しでも気持ち共有させていただいて嬉しいなぁと思います。

バジ男君の龍馬、なかなかしつこいやつぜよ!はよーすっきりせんかのぉ
~久しぶりのなんちゃって土佐弁(^m^
その他大勢のピピの様子、ほほえましくてありがとう~~♬
Commented by tantan_noppo at 2011-07-19 16:59
♪てんむすさんへ

朝からしんみりさせてしまってごめんなさい^^;
てんむすさんのお父様も若くして亡くなられたのですか?
いろいろ大変だったのではないでしょうか・・・
お墓参り行ってあげてくださいね(^^)
うちの母は喜んでくれてるかなぁ。「あんまり心配ばかり
かけないでよ!」って空から呆れてるかも(苦笑

バジ男の両刀・・・なかなかしつこそうです。
イラついて毛引きを誘発する事だけは避けてほしいです。
Commented by tantan_noppo at 2011-07-19 17:29
♪ゆみさんへ

朝からしんみりさせてしまってごめんなさい^^;
ゆみさんがおっしゃる通り「母親」って存在は本当に大きかったと
10年近くたった今でも思います。
そしてあの時あーすればとかこう言ってあげてればとか
後悔の思いばかりが浮かんで来てしまいがちですが
あの最後の笑顔を思い出すとすべて救われた気持になれます。
冷静に考えて見ても最期の別れが笑顔だったって・・・
本当に素敵な事ですよね!母に感謝、感謝です。
改めて気付かせてくれてありがとう、ゆみさん(^^)

昨日とうって変わって今日は台風の天気ですね~
バジ男と姫様も今日は落ち着いてくれてればいいのだけれど・・・^^;
さすがゆみさん、するどい!バジ男の口呼吸は
暑さはもちろんの事、扇風機への恐怖も含まれています!

明日は多少の雨で済みますように。

Commented by tantan_noppo at 2011-07-19 21:36
♪penさんへ

penさんのお父様とうちの母は亡くなった時期も近いし
年齢も一緒だったのですね。
60歳なんてまだまだこれから人生を楽しめる時だって
言うのに早すぎですよね・・・
penさんのお父様は元気な姿で現れてくれるんだぁ。
いいなぁ。私の夢に出てきてくれる母は病気の姿ばかりでした(泣)
でもここ2,3年はすっかり見なくなりました。
penさんが言ってくれた通り母は喜んでくれてるのかな・・・
心配かけて「いい加減にしてちょうだい!」って空の上で
嘆いていなければいいのですが^^;
優しいお言葉、ありがとうございました。

うちの緑たちはもうどれとどれが一番の仲良しなんだか
なんだかメチャメチャです。
まあ、仲が悪いよりはいいか・・・
姫様はワキワキで身体を伸ばしてるから細く見えたのかな?
多分体重は変わらずです(--)
Commented by tantan_noppo at 2011-07-19 22:02
♪tomoさんへ

tomoさんありがとう~(∩_∩)tomoさんのコメント読んで
私がウルウルしちゃいました。
あ、母のみならず私の事までこんなに良く書いていただいて・・・
何も出ませんよ~(笑)
実際の私は自分勝手でヘタレですけど・・・(--)

でもtomoさんが言ってくれた私の中に母がいるって言葉は
胸に響きました。
あと10年は生きたいと言っていた母。その願いは叶わなかった
けど私の中に一緒にいると思えばそれを叶えてあげられてると
思えるし私が感じる嬉しさや楽しさも倍増する気がします(^^)
tomoさん素敵なお言葉本当にありがとうございます。

オレ様の龍馬魂は誰よりも強固ぜよ。
でもそろそろ抜けてくれんと痛いしイラつくしたまらんぜよ!
なんちゃって土佐弁返しでした~(`▽´)

PS、明日ゆこゆこちゃんとたんぽぽ軍団に会いに行く予定です♪
いつか絶対にtomoさんも合流してくださいね!!!
Commented by みっく at 2011-07-20 00:32 x
亡くなられたお母様とのやり取りを読んで、胸が熱くなりました。
のっぽさんの中に、お母様はまだ生きていらっしゃるのですね。
と、同時に自分の母のことを思いました。
自分は母と、そのような素晴らしい関係を作れるだろうか?と。
老い先長くない母に対するわだかまりが未解決のまま自分の中に残っています。

バジ兄、いつの間にか二刀流になっちゃいましたね。^^;
あんまり気にする様子がなくなったとのことなので、ちょっとほっとしました。

姫様のワキワキ、豪快ですね~。^^
セキセイさんのワキワキのほうが、オカメより激しい気がします。
何でかな~?
お口の半開きもセキセイが上だし。^^;
(バジ兄の、お口パクパクも豪快でしたね。^^;)
でも、ちょっぴりでも涼しくしてもらえて、姫様とっても喜んでいたのでは?^^

ところで姫様、マッチャ兄のテーブル上での逢引阻止には成功したのでしょうか?^^;
Commented by 半分 at 2011-07-20 22:34 x
暑い中、逢いに来てくれて、お母様もさぞうれしかったでしょうね。
のっぽさんのことが、かわいくてかわいくてしょうがなかったお母様だったんですね…。
親子は、とくに母娘でそこまで仲良くなれるなんて、あまりないんじゃないでしょうか?
少なくともわたしの周辺では聞けない話です。
うらやましいとともに、自らを省みてしまいます。

きっとずっと、お母様はのっぽさんのすぐそばにいて、見守りながら応援したりちょっと心配したり、でもやっぱり、愛しい娘だなあって、思ってらっしゃるんじゃないでしょうか。


Commented by なかちゃん at 2011-07-21 00:38 x
こんばんは。

胸がしめつけられました。
まだまだのっぽさんと楽しく過ごしたかったでしょうね。

何を隠そうわたしも母子家庭で育ちました。
でも母には父がいないことの寂しさを一度も感じることなく育ててもらいました。

その反面、兄弟もなく一人っ子のわたしは、幼いときから、
母を失う寂しさをいつも恐れていたように思います。

今もとても怖い。

でも、のっぽさんのように楽しかった、仲良くすごせたって、
そう思えるように母を大切にしたいと心から思いました。

ありがとう!



Commented by tantan_noppo at 2011-07-21 11:02
♪みっくさんへ

しんみりさせてしまってごめんなさい・・・^^;
私は文章力がないので長文は苦手でみっくさんに
読んでいただいたのがちょっと恥ずかしいです・・・

そうですね、10年近くたった今でも改めて「母」って
存在は大きいんだなって実感してます。
だけど私はたまたま母と気が合いましたが感情に長けてる
人間同士ですから。相性の良し悪しだって当然あると
思います。と、同時に切っても切れない親子の絆みたいな
物もあると思うので時間はかかってもいずれ
みっくさんとお母様のわだかまりが
少しでも小さなものになってくれたらいいな・・・。

そうそう!二刀流です!
それを書きたかったのに両刀だなんて書いてしまって
間違っちゃいないけど怪しい意味も含まれてしまうので
早速記事を直しておきました!みっくさんありがとう(笑)

セキセイのワキワキパクパクって小さな身体で
激しいから心配になっちゃいます。カラスやスズメも口を
開ける程度なのに・・・


緑のテーブルなのですが・・・あれから3羽共に
人気がイマイチであまり降りて来てくれません(--)



Commented by tantan_noppo at 2011-07-21 11:20
♪半分さんへ

ありがとうございます^^
確かに母は私の事をとっても可愛がってくれたし気にかけて
くれてたので本当に感謝しています。
でも親子と言っても人間同士ですから、やっぱり
相性の良し悪しってあると思うんです。
私の周りも仲のいい人、良くない人・・・色々です。
でも半分さんとお母様もいずれ来るお別れの時までに
少しでもわだかまりが小さなものになってくれればいいな・・・
とても複雑なお気持にさせてしまったかもしれないのに
暖かいコメント本当にありがとうございました。

半分さんのおっしゃる通り「愛しい娘」だなんて思ってくれてたら
いいけど実際は「いつまのほほんとしてるのよ!
いい加減に落ち着いてちょうだい」って言ってると思います^^;

Commented by tantan_noppo at 2011-07-21 11:31
♪なかちゃんさんへ

こんにちはー^^お久しぶりです。

そうなんですか。なかちゃんさんのお母様も大変でしたね。
母子家庭って今でこそ当たり前ですが
私達が子供の時ってまだ特別だったし
社会的地位としても厳しかったと思います。それなのに
なかちゃんさんを寂しさも感じさせずに育てたなんて
素晴らしい方ですね!!!!

失う恐さ・・・痛いほど分かります。
私もまだ病気が発覚する前からなかちゃんさんと同じ事を
考えていました。
でもお母様元気でいらっしゃるんですよね?
それなら余計な事は考えないで一緒に楽しい時間を
たくさん過ごしちゃってください!!!
line

セキセイインコのマッチャとバジル、そしてキウィとの生活を中心としたのほほ~ん日記です。


by tantan_noppo
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31