トモ、最後の夏の思い出

のっぽの住むマンションの部屋からは
夏になるとアチコチの方向から花火大会が見えます。
周りに高いビルやマンションがないので
すぐ近くでという訳ではありませんが
それでも十分打ち上げ花火の全容はしっかり見ることが出来ます^^

そして、そんな季節になると思い出すある出来事。

ちょっとしんみりしてしまうかもしれませんが
のっぽのインコライフの中の
とっても印象に残った出来事だったので
ここに綴らせて頂きたいと思います。


3年前の春に今のマンションに引っ越してきたのっぽは
その年の夏のある日、仕事から帰宅して東側の窓から
打ち上げ花火が見えるのに気付きました。
感激して夕飯を作るのも忘れて窓から見える
色とりどりの光を眺めていると・・・

「あ、トモ忘れてたよ~^^;」

後ろから「出せー!」と騒ぐインコの声。
先代のトモヤの声でした。

f0196665_1319383.jpg

注:マッチャではありません(笑)

子供の頃以来、約20年振りにお迎えしたトモ。
ノーマルグリーンでおしゃべり上手な男の子でした。








「ごめんね~。今出してあげるよ」
ケージにへばりついて出せ出せコールをするトモ。
急いで扉を開けて放鳥させてあげました。

トモヤは当時10歳。セキセイの寿命から言っても
もう老鳥に差し掛かった年齢。
とっても人間慣れしていた子でしたが9歳を過ぎた頃から
放鳥時も人間といるよりカーテンレールの上などで
自分だけの世界で遊ぶ事を好むようになっていました。

そんなトモをさびしくも思いましたが
のんびりと楽しい余生を送って欲しいと思って
トモの好きなように自由にしてあげていました。

f0196665_13332783.jpg
←定位置のカーテンレールの上。
障害物やらチラシやら周りがガヤガヤしているのは
ガジガジ防止策です(^^;)








この日もケージから出て一通り部屋中を飛び回った後
いつものカーテンレールに止まり、おしゃべりをし始めたので
のっぽはそのままトモに背中を向けて花火を見ていました。

5分位たったでしょうか。
パタパタパタ・・・トモがのっぽに向かって飛んで来て
肩の上にチョコンと止まったのです。

「あれ?トモ珍しい。どうしたの?」
ケージから出て5分位で下に降りてきたのも珍しいし
まして肩に乗るなんてちょっと驚きです・・・

なんだかすごくうれしくてトモがこのまま肩に
いてくれるようにあまり動かないように気を使いながら
再び花火を見ました。

f0196665_13513249.jpg

腕乗りインコだったトモ。
指や肩に乗ることはあまりありませんでした。











「ホラ、トモ綺麗だね~。トモーすごいねー」
などとインコに話し掛けながら花火鑑賞という
ちょっとヤバイ人になっていましたが
トモはのっぽの肩から離れることなくじーーーっと
のっぽと同じ方向を見つめていました。
(途中、あまりにも大人しいので寝てる?と思いましたが・・・
そっとトモを見るとバッチリ目が合います。ちゃんと起きていました^^)

結局、それから花火が終るまでの20分位
トモはずっとのっぽの肩の上にいて一緒に花火を
見てくれたんです。
右肩に小さなふたつの足を感じながら見るそれは
とっても幸せで暖かいひとときでした。


でも、実はその一方でのっぽの頭の中に一握りの
悪い予感が走っていました。

「なんで今年に限ってトモはこんな事してくれたんだろう」
何やらよくない事の兆候では・・・・

人間は損な生き物だよなぁ。うれしい事があったのに
それをマイナス要素にしてしまうなんて。

動物達のことに関しては非常に心配性な自分を分かっているので
それ以上は考えないようにしました・・・。



ところが
その約1ヵ月後、トモは本当に突然、ものの3分で虹の橋へと飛び立って
しまったのです。
以前記事にも書かせていただきましたが心不全で
あっけなく旅立ってしまいました。

あの頭をよぎった悪い予感の通りに。



あの花火の日の出来事はトモのほんの気まぐれだったのかもしれない。

だけどどうしても思っちゃうんです。
インコの神様が10年も一緒に過ごして来たのだから最後位は
うれしいひとときを作ってあげようって思ってくれたのか
トモ自身が本能でもうすぐ別れが来るのを知っていて
あんな時間を作ってくれたのか・・・って。

幻想だよ・・・って思われちゃうかもしれません。
そうなのかもしれません。
でもあの花火大会のひとときはのっぽにとって
今も大事な思い出だし心の支えにもなっています。


そしてあまりの衝撃的なトモの旅立ちをしばらく
引きずっていたのっぽでしたが
みどりーずでテンヤワンヤと毎日騒がしく過ごせてる現在、
やっと「ポックリと旅立ってくれて。トモは最後まで
親孝行な奴だった」って心から思えるようになりました。

f0196665_13411730.jpg

たった4ヶ月だったけどマッチャとも過ごしてくれたトモ。
10年間素晴らしい時間をありがとう。
いつか虹の橋で会ったらまた一緒に花火見たいなぁ(^^)


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ長文読んで頂きありがとうございました。お別れは本当に辛くて悲しい事だけど過ぎた時がその子と暮らした日々がどんなにかけがえのない素敵な日々だったかを教えてくれます。
トモの思い出にポチっとしてくれたらとてもうれしいです(*^∇^*)
[PR]

by tantan_noppo | 2009-08-05 14:00 | セキセイインコ | Comments(14)
Commented by mifa at 2009-08-05 15:09 x
そうですね、お別れは寂しいけど、必ずやってきますものね。
でも、最後にステキな思い出が出来て良かったですね(⌒∇⌒)
私ものっぽさんのように、2人にいつもしない事をされると悪い方に
考えてしまうので、お気持ちがよく分かります。
最後まで一緒に過ごせて幸せだったと思えるように、そして、思って
貰えるように、したいですね(⌒∇⌒)

トモヤ君とマッチャ君の写真、微笑ましいです(*^^*)
マッチャ君、幼い!
Commented by りん at 2009-08-05 17:46 x
素敵な思い出、いいですね。
先代の碧を思い出しました。指より肩が好きだったこと、飛ばない子だから肩に乗ったまま玄関でばーとのお見送りをしていたこと、いつも肩の上で私の頬をハミハミしてくれたこと・・・。
ほとんど飛ばない(飛べない)のに、1mくらい飛んで見せて元気をアピールした数日後、旅立ちました。
5年たった今でも、まだまだ泣けます。時々思い出して泣く事も、私がしてあげられることのように思います。
思い出を作ってくれたトモヤくんは本当にやさしい子だったんですね。

それにしても、マッチャくんのあどけないこと!
このあと、寝起き顔で笑わせてくれるようになるとは!!
Commented by kotoritokurasu at 2009-08-05 19:40
のっぽさん こんばんは
トモヤくん なんだか とっても優しい子ですね。
のっぽさんのこともちゃんと理解していて、飼い主の想いもちゃんと伝わっているんですね~^^
虹の橋に行ってしまったことは悲しいことですが、なんだかあったかい思い出にうるうるしました。
トモヤくん きっと 今年も花火大会見てますよ~
Commented by tantan_noppo at 2009-08-05 23:45
♪mifaさんへ
生きてるもの同士は嫌でも必ずお別れの日は来るものだから
仕方ないと思いつつやはりその日が来るのは
ものすごく恐いですよね。
でもその日がやってきて・・・時間はかかっても「うちに来てくれて
ありがとう」って思えたらいいですよね(^^)

マッチャは今はおやじキャラが売りですが
トモとの写真ではやっぱり幼いですよね!
いつも嫌がるトモを追い掛け回していたころのマッチャです。
今は逆に追いかけ回されていますが・・・
Commented by tantan_noppo at 2009-08-05 23:52
♪りんさんへ
こんばんはー^^

碧ちゃんとの思い出にじ~んとしちゃいました。
トモに負けない位人間にべったりな子だったんですね(^^)
そして・・・やっぱり楽しい思い出を残して旅立ってくれたなんて。
インコってすごい!
私も最近やっとトモの事を悲しくではなくて思い出として
うるうるしながら思い起こすことができるようになった気がします。

トモと一緒のマッチャ・・・メチャメチャ幼いですよね!
今は変顔が得意のおやじキャラだから
まるで別鳥に感じます(笑)
Commented by tantan_noppo at 2009-08-05 23:59
♪chiropiさんへ
こんばんはー^^

晩年のトモはすべてを悟ったじーさんみたいになって
カーテンレールの上からいつも私たちを見守ってくれていた感じでした。
人間に換算するともうとっくに私の年齢なんか追い起こしていて
「そろそろ旅立つ日が近づいてきたなぁ・・・」って察知して
花火の思い出を作ってくれたのかもしれません・・・

インコって想像してる以上に繊細で優しい心を持った生き物
なのかもしれませんネ(⌒-⌒)

今年も一緒に見てくれてたかな・・・
「賑やかな部屋になったなー」って呆れてたかも(笑)
Commented by みっく at 2009-08-06 00:04 x
のっぽさん こんばんは。

花火はトモヤ君との思い出につながるんですね。毎年この季節になると 思い出してほしいなって トモヤ君思ったのかもしれないですね。
愛する子達との お別れを経験したことのない私は トモヤ君のお話しを聞いて 今の時間を大切に過ごさねば と思いました。
Commented by emi at 2009-08-06 00:08 x
のっぽさん、こんばんわ。

今日のブログは読んでてじ~んとしちゃいました。
トモヤ君、とっても優しい人間っぽい子だったんですね。
お写真見ても何でも見透かしてるような今にもしゃべり出しそうな利発そうなセキセイさん。
・・いかん、いかん。歳のせいか涙線が・・
今はのっぽさんとの楽しい思い出たくさん持って虹の橋の周りを飛んでるのかな?

みなさんもおっしゃってるようにマッチャ君の幼いこと!!
こんな時代もあったのね~と今の鏡に欲情してる姿からは想像できません。
Commented by W.らっきぃ at 2009-08-06 10:35 x
心にしみるお話ですね。
トモ君、とてもいい思い出を残してくれたのですね。
のっぽさんは花火が上がるたびにトモ君のことを思い出すのでしょうね。
トモ君、のっぽさんと共に過ごした時間を思い出しながら花火を眺めていたのかな。「今こうして一緒にいることをずっと忘れないで」というメッセージだったのかもしれません。
トモヤ君、今は空から花火を眺めているのですね。
Commented by tantan_noppo at 2009-08-06 17:24
♪みっくさんへ
こんにちはー^^

そうですね。確かに東の窓から見える花火を見るたびに
あの日のトモの事を思い出します。トモもそれを願って
肩に乗ってくれてたのかな・・・と思うと胸がじ~ん^^;
私のトモに対する執着は当時周りの人に「トモが死んだら
私も死ぬ!」なんて言ってた位だからトモもそれを
知っていたのかもしれません。

お互いに今いる子たちを最後まで精一杯可愛がってあげましょうね!!
Commented by tantan_noppo at 2009-08-06 17:33
♪emiさんへ
こんにちはー^^

ちょっとしんみりさせてしまったかもしれません・・すいません^^;
トモはすごく人間に近くて頭のいい子でした。
特に写真に写っている晩年はその容姿にも貫禄がついてきて
すべてを悟った仙人ぽさも漂ってきていて・・・(笑)
そんなだから別れが来た時の私のへこみっぷりが分かっていて
思い出を作ってくれたのかも・・・って思いました。
みどりーずに出会えたのもトモのおかげだし
トモも虹の橋で楽しく過ごしてくれてたらいいな・・・って思います^^

マッチャの幼さはエロエロおやじキャラの現在からは
想像つきませんね~。ははは。
当時はトモを追い掛け回して可愛いお子チャマだったのですが・・・
Commented by tantan_noppo at 2009-08-06 17:45
♪らっきぃさんへ
今年も1週間前位に東の窓から花火が見えていました。
残念ながらマンションが外壁工事中でネットが掛けられているので
楽しさ半減でしたがでもやはりトモの事を思い出して
ちょっとウルっと来ちゃいました^^;
私はきっとお別れが来た時に私の落ち込みようを分かっているので
トモがせめて思い出を作ってあげようって思って肩に乗ってくれた
のかな・・・って思ってたのだけどらっきぃさんを始め
みなさんが「僕を忘れないで」ってトモのメッセージじゃないか
って言ってくれてまたまた改めてじ~んと胸が熱くなっています。

Commented by ゆこゆこ at 2009-08-07 00:32 x
こんばんはヽ(^o^)丿

なんだか 心が、キュ~ってなっちゃいました(;▽;)
トモヤくん、優しくて賢いインコちゃんだったんですね~。写真も貫禄あって とっても素敵です!(^^)!
お別れは 本当に辛いですね。。。突然の旅立ちは悲しいけど、病気で苦しむ姿 見るよりも、いい場合もきっと ありますもんね(;▽;)

花火の思い出 ほんとうに素敵な出来事ですね♪ 偶然なんかじゃなく トモヤくんの思いやりの心が そんな時間を作ってくれたんですね♪
Commented by tantan_noppo at 2009-08-07 11:16
♪ゆこゆこさんへ
こんにちはー^^

トモの事褒めてくれてとってもうれしいです!
本当はルイちゃん位長生きを目指していたんだけどそれぞれ
寿命は違いますからネ^^
晩年の写真はホント、貫禄ありますよね(笑)あれでも
若い頃は普通のセキセイと同じく愛らしさがあったのですが^^;
あまりに突然すぎる別れに自分を責め続けていましたが
おかげ様で最近は理想的な旅立ち方をしてくれたって
思えるようになりました。

トモは人間の気持ちに敏感な子だったので
その後の私のへこみ方が分かっていたから花火を一緒に
見てくれたのかな・・・って思ってます。
ゆこゆこさん、ありがとうございました!!
line

セキセイインコのマッチャとバジル、そしてキウィとの生活を中心としたのほほ~ん日記です。


by tantan_noppo
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31